赤パンツで運気が上がる? 赤ブリーフ記

スポンサーリンク

四国高知県、四万十町在住のパフォーマー松葉川健一のついてのプロフィール

出演依頼やワークショップなどのお問合せはメニューから各ページをご参照ください。

赤パンツジャンキー

僕はここ10年来、赤い下着の愛用者だ

大学時代はまだ多少、黒い下着をはいたりもしていたけど

ここ5年くらいはほぼ100%赤い下着しか履いていない、完全な赤パンツジャンキーだ

半分は風水、半分は気分

僕が赤いパンツを選び出したきっかけは、大学入学と共に一人暮らしになって完全に自分で下着を買うことになった時期と

当時からはまっていた美輪明宏さんの携帯サイトで風水や色の影響から赤い下着が良いという読んだ時期が

偶然重なったからだったんだけど

下着は頻繁に他の人に見せるモノでもないので、一度これ!って決めてしまえば選ぶ手間が省けてとても楽だ

実際の風水の効果なんかは、あるのかないのかわからないけど

なんとなくある!っと思っていれば、選ぶ手間が省けた上にお得感があって気分がいい

赤パンツ記(誰がみるんだか)

最近部屋の整理をしていて、クローゼットを大幅にスリム化しよう思って

かなり思い切って服を捨てていたんだけど

赤パンツもかなりたまっていて、中にはもうおしりの部分が破れているモノもあったので

赤パンツもたくさん捨てることになった

そこで、今までお世話になってきた赤パンツなので、供養の意味もこめて

僕の使ってきた赤パンツを使用感も含めて紹介しようと思う

そんなわけのわかんない記事、誰が読んでくれるんだ?というのは自分でも思っているけど

まぁ思いの供養というか何かの気の迷いということで許してほしい

お年寄りへのプレゼントの参考になるか?とも思ったけど

最後のほうを除いて全く役に立たないので、寛大な心で見て欲しい

ユニクロシルキードライ (2009)

ユニクロの化繊系インナー

僕の赤パンツジャンキーは主にこれから始まった

綿のパンツのような優しい肌触りはないけど、すべすべしていて汗をかいてもべたつきにくい

何より値下げ時に500円とかでベラボーに安いのに、めちゃくちゃ丈夫

2009年バージョンはもうこの1枚しか残ってないけど、以前現役

足の付け根のあたりが軽くほつれているだけで生地が薄くなったりとかは全然ない

この頃のシルキードライはメインがローライズじゃない普通のボクサーだったから

お腹のあたりの生地が長めでおへそのあたりまでカバーしていてる

(風水的には丹田まで赤がカバーしているのがいいとされている:マルジのビラより)

ユニクロのシルキードライ (2010)

ユニクロのシルキードライのアップデート、腰のバンドの色が黒に変わっているのが特徴

基本的な性能は変わらないんだけど、この頃から若者向けにターゲットを絞ったのかローライズが増えて

普通のボクサーもちょっとお腹の布が短めになった

丈夫さはかわらないので、こちらも現役

シルキードライが売っていた頃は、僕はまだバリバリ汗かきまくってジャグリングの練習してたはずなんだけど

ユニクロのクオリティは恐ろしいね

ユニクロのエアリズム (2012)

2012年に、この手の化繊系の下着を男性用は「シルキードライ」女性用を「サラファイン」としていたのを

統一して「エアリズム」という名前にした後の商品

シルクのような高級感を狙っていたシルキードライと比べると、色合いがとても明るい

若者向けのローライズ路線は変わらないので、お腹のあたりの布は短めで僕はあんまり好きじゃない

丈夫なのは相変わらずなので2枚現役

ユニクロ シームレスボクサーブリーフ(2012)

ユニクロの縫い目がないタイプのボクサーブリーフ

縫い目がないおかげでお腹のあたりまで布がいくんだけど

履いた感覚がベターっとして少し気持ち悪い

丈夫なのでまだはけるけど、結構足の付け根のよくわからないところがすれたりするので

今回廃棄

BROS ボクサーパンツ赤 (2010-2013くらい?)

ワコールの高級男性用下着ブランド「BROS」

生地の感触と色合いはユニクロのシルキードライと似たような感じ

ただ、値段が高いだけあって、縫い方がより立体的で履いたときの違和感が少ない

ただ、生地がわりとすぐ脱落してしまうので、穴はあかないんだけど局所的に薄くなってしまう

人にもよるんだろうけど、あんまりオススメできない

マルジの赤ゴム紳士ボクサーブリーフ 前開き (2015)

最近の僕の流行、巣鴨のマルジ

おばあちゃんの原宿こと巣鴨で、赤い下着の販売で盛り上がっている下着販売店

千原ジュニアも来店しているとのことで僕が言った時もサインが飾ってあった

ボクサータイプは主力商品じゃないのか(むしろ女性用が主力なようだけど)

お腹の所まで布がこないんだけど

綿の下着らしく肌触りが優しいわりに、フィット感がとても長続きいている

綿のボクサーはだいたいすぐ型崩れしてゆるゆるになっちゃうんだけど

これは2年くらいしっかりしていて良い感じ

マルジのブリーフ(2016)

マルジのブリーフ

千原ジュニアが愛用しているのはこのブリーフ

お年寄りへのプレゼントが多い商品なので

お腹のあたりまでしっかりと布があるし、布が厚手で軽い残尿もがっちりガード

履き心地がとてもいいので、現在かなりのヘビーローテーション

マルジでは上記2つみたいなマルジオリジナル商品だけじゃなくて

他社商品も置いていて、一緒に「BROS」の似たような商品も買ってみたんだけど

こちらは暑い日に作業したときに、足の付け根のあたりがすれて痛かったし

かなりすぐにダルダルになってしまった

赤いブリーフを贈るなら、通販でもマルジを買った方がいいと思う

感想

酔って片付けした勢いで書き上げたわけだけど

赤パンツを並べて写真を取っているときには、「僕かなり赤パンツ通じゃない?」って思ってたけど

実際記事にするとかなり偏っているね

ユニクロ1択からマルジ1択へ変わっただけっていう

だれかボディワイルドとかしまむらとかの愛用者がいたらレポートしてくれたらいいのに(いるわけないか)

 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    四万十町在住パフォーマー 大学卒業後製紙会社に勤めていたが、移住を機に地域に根を張るパフォーマーとして生きていくことを決意。 2018年現在地域おこし協力隊として働きながらパフォーマーとして生きていいく道を模索中。 詳しいプロフィールや出演依頼などはメニューから各項目を参照ください。