moimoimoi再始動

スポンサーリンク

6月18日、いつしかmoimoimoiのホームになっちゃった

高松市東部運動公園の会議室に再びmoimoimoiが集った

前回の自主公演が11月の終わりだから、約半年の休止期間を経て

再びmoimoimoiが動きだした

moimoimoiは、山本健一、しらさわちさと、取注による

ジャグリングと人形劇と音楽の、創作パフォーマンスチーム

 

同じようにパフォーマンスをしているとはいえ

パフォーマンスの手法はもとより、年齢、経歴、好みまで違う3人で

1つの作品を作り上げる

 

「3人で作って、3人で公演までしちゃったから

パフォーマンスに参加しない、外からの目がなかった!」という

全公演の反省も受けて、香川高専ジャグリングサークルのSPOTから

なりのちゃんを演出助手に迎えて、久々の稽古でした

 

今回は、同じくSPOTからマルクスが来て、軽くだけど一緒に創作体験

「こんなにふわふわして、もっとちゃんと着地しなくて大丈夫なのか?」

 

創作をしている僕たちは、無理に着地はしない

僕のやり方ではそれは着地しなくても、2人のどちらかのやり方では

確実に着地できるコトなのかもしれない

だから、なんでも拾ってみて、広げてみて、僕自身も思ったことを素直に言ってみて

動いてみて、やってみて

3人で納得できたら、そこがmoimoimoiの着地点

それぞれの個性を、なるべく演出の都合や台本やセオリーでつぶさない

それが、大道芸でも演劇でもバンドでもない、僕たちのルール

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です