愛媛県四国中央から富山県高岡まで青春18きっぷで行ってみた

スポンサーリンク

ゆったりした年始に

今年の年始は結構まとまって休みになったので

なにかしら時間を使わないと出来ないことをやってみようと思って

青春18きっぷで今住んでいる愛媛県四国中央市から実家のある富山県高岡市まで帰省してみた

せっかくなので、自分のためにも感想なんかを残しておく

青春18きっぷとは?

青春18きっぷは、JRが出している鈍行限定の格安1日全線フリー切符だ

別に18歳以下でなくても誰でも使えるんだけど、条件がいろいろとある

まず、販売している期間と使用出来る期間が決まっていて、

ざっくりいうと、学校の春休み、夏休み、冬休みの期間にしか使えない

あと、鈍行限定が徹底していて、もし途中で特急や新幹線に乗りたかったら

その区間については、別で乗車券を買わなければならない

ようは青春18きっぷに特急券を上乗せすることはできないということだ

あと、5日分で11850円だ

1日分は2370円なのだが、必ず5日分セットでしか買えないので

休み期間内に5日分(もしくは5人分)使わなければならない

この期間に、そうそう5日も長距離の電車に乗って、しかもそこまで時間を気にしてないっていうのは

学生以外ではよっぽど自由人な人かニートの方ぐらいだと思うので

名前のイメージ通り、若い学生向けの切符と思って良いと思う

今回の旅程

今回は1月に長い休みの予定があったので、せっかくの機会だからこれを使ってみようということで

手始めに僕が今住んでいる愛媛県四国中央市川之江駅から、実家のある富山件高岡市の高岡駅まで

鈍行を乗り継いで行ってみることにした

旅程は以下の画像の通りだ

所要時間11時間38分!

改めて調べてみると、特急と新幹線を使えば6時間18分でつくので

まぁ、倍ぐらいの時間がかかるわけだ

ただし、案外快適

検索して所要時間を見たときは、自分の目を疑った

だいたい僕は自分が運転する場合を除いて、乗り物には弱くて

特急と新幹線を使った6時間でも場合によってはグロッキーになるのに

果たして無事にたどり着けるのだろうか?なんて不安になっていたんだけど

これが、案外快適だった

というのも、だいたい1時間乗ったら、30分ほど待ち合わせで駅で時間を潰して

また1時間程度のったら、次は45分ほど駅で待ち合わせ、という感じで

強制的に適度に駅で休憩がとれる

待ち時間が多めの時は少しホームから出て、駅前の観光も出来る

1日乗り放題チケットだから気兼ねなくホームから出れる(普通の切符でも途中駅で外に出ることは可能)

実際、福井で時間があったので、ちょっと駅前を散歩したら大きい恐竜の人形が動いていて

福井県が観光政策で恐竜を押していることも知れた

それから、これは僕にとっては本当に驚くべきことなんだけど

電車が遅いからか、休憩があるからか、ガッツリ本を読んでいたのに全然酔わなかった

姫路駅で食べたホームにある500円ぐらいの駅蕎麦が結構おいしかった

値段以上の価値がありそう

その上で、お値段はやはりとてつもなく安い

特急を使った場合の運賃は15190円なので、約1/6

特急を使わない場合でも運賃は9480円なので、約1/4だ

(金沢ー高岡間は第三セクターになっていて別料金だったけど)

その上で、上記のように待ち合わせの休憩による、駅近くを見れる面白さや読書可能化など

ある種の不自由な時間を楽しむことが出来る感性があれば

青春18きっぷの旅はかなり有益な気がした

世にたくさんいる鉄道オタクの心理というのはこういう所からもあったりするのかも?と思った

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町在住パフォーマー 大学卒業後製紙会社に勤めていたが、移住を機に地域に根を張るパフォーマーとして生きていくことを決意。 2018年現在地域おこし協力隊として働きながらパフォーマーとして生きていいく道を模索中。 詳しいプロフィールや出演依頼などはメニューから各項目を参照ください。