あゆの塩焼き

スポンサーリンク

最近スーパーで養殖のあゆを買ってきて、塩焼きにして食べている

ペンションBeeに行ってから魚が好きになったけど

その前まではそこまで魚は好きじゃなかった、小さい頃はとくに

 

でも、このあゆの塩焼きだけは子供の頃から好き

ヤナで夏に食べてたからだ

 

僕の母方のほうのお墓がある栃木県の那須烏山市で

ヤナっていう、木と竹で出来た橋を真っ二つにして

切れた真ん中のとこをナナメに川につっこんだみたいなものが川に掛けられる

 

あゆを取る時は、そこ以外の川の流れをせき止めて、その

竹でできた涼しげな傾斜に上がってくるあゆを捕まえてしまうのだ

 

これが夏場だけ組まれて、観光やなって言って

シーズン以外は廃墟みたいになる、海の家みたいな「いろり」に炭がくべられて

まわりに、波打つように串に刺されたあゆが並べられる

 

おいしかったなぁ

 

僕のFacebookとTwitterのプロフィール画像はこのヤナで撮られたものだ

ヤナは、多分つかみどり体験みたいのが出来たと思うけど

それはさすがに怖いから、ヤナの下あたりで水遊びをしてたと思う

 

だから、あゆだけは好きだったんだ

養殖のあゆは、前食べてたやつよりも、確かに香りがマイルドな気がする

でも味だけでも、あの烏山の、古い田舎らしい雰囲気が思い出される

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

四万十町在住パフォーマー 大学卒業後製紙会社に勤めていたが、移住を機に地域に根を張るパフォーマーとして生きていくことを決意。 2018年現在地域おこし協力隊として働きながらパフォーマーとして生きていいく道を模索中。 詳しいプロフィールや出演依頼などはメニューから各項目を参照ください。